いくらアレルギーにアレグラの作用機序は効くのか

アレグラの有効成分はフェキソフェナジンというものです。
アレグラは抗ヒスタミン剤という分類に属する抗アレルギー薬です。
アレルギーはI型~IV型の4種類に分類することができます。

アレグラの作用機序に関して説明する前に、まずアレグラが効果を発揮するI型アレルギーの発症メカニズムについて説明します。
まずアレルギーの原因物質となるアレルゲンが体内に侵入すると、マクロファージなどの抗原提示細胞に貪食されます。

抗原提示細胞はT細胞に抗原情報を伝達します。
この抗原情報を元にT細胞はB細胞にアレルゲン特異的なIgE抗体を産生させます。
このIgE抗体は免疫細胞の1つである肥満細胞の表面に多数結合します。
そして再びアレルゲンが体内に侵入すると肥満細胞表面に並ぶIgE抗体に結合します。
すると肥満細胞が活性化し、肥満細胞内に存在する顆粒を細胞外に放出します。

この顆粒の中にはヒスタミン、トロンボキサン、ロイコトリエンなどのケミカルメディエーターが貯蔵されています。
この中でヒスタミンは循環血液に乗って全身に広がり、全身のヒスタミン受容体に結合します。
これによってアレルギー性鼻炎、じんましん、アレルギー性結膜炎といったアレルギー症状を引き起こします。

アレグラはこのヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを競合的に阻害する薬です。
では、例えばいくらアレルギーの場合はどうなのかというと、いくらアレルギーに対してもアレグラは有効です。
いくらアレルギーは食物アレルギーの一種でI型アレルギーに分類されるアレルギー反応です。
よってヒスタミン受容体を競合的に阻害し、I型アレルギーに対して効果を示すアレグラはいくらアレルギーに対して有効な薬であると言えます。