アレグラとアレロック、効果比較

アレルギーを患っている女性

アレグラとアレロックはともに、花粉症の薬として広く使用されているものです。
いずれも、第二世代抗ヒスタミン薬に分類されます花粉などの刺激を受け取った肥満細胞という細胞から、ヒスタミンという物質が出ます。
これが、ヒスタミンH1受容体というところにくっつくと、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどが生じます。

抗ヒスタミン薬とは、ヒスタミンと受容体のくっつきをブロックするものです。
第一世代抗ヒスタミン薬は、脳内のヒスタミンもブロックしていたため、眠気が強いことが難点でした。
第二世代とは、この眠気に対して改善されています。
アレグラは、病院でも処方されますが、現在は市販薬としても手に入ります。
アレルギー性鼻炎や蕁麻疹などの皮膚炎に効果があります。
比較的即効性があることやのどが渇きにくいこと、花粉症薬の中で最も眠気が少ないことが特徴です。

他の作用としては、炎症性のサイトカインの産生を抑制します。
ケミカルメディエーターと呼ばれる炎症などを引き起こす物質の遊離を抑制する効果があり、花粉所の予防薬として効果的です。

アレロックは、病院で処方してもらわなければなりません。
アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、多形滲出性紅斑などに効果がありますが、特に鼻づまりと蕁麻疹に効果が高いといわれています。
抗ヒスタミン作用は一番高いといわれています。
アレロックにもケミカルメディエーター有利抑制作用などhがあるので、花粉症の時期の前から服用して症状の発現を防ぐことができます。

ところが、副作用として、強い眠気を感じる人の割合が高いことと、頻度は少ないものの重大な副作用として肝機能障害や黄疸がみられることがあります。
眠気がきたら困る人や病院に行けない場合はアレグラを、眠気がきてもしっかりと治療したい人はアレロックを使用してみましょう。