卵アレルギーの人がアレグラを服用しクレーム

卵アレルギーは卵白によるものと卵黄によるもの、火を通した卵白によるものに分類されています。
アレルギーによって喘息が起きた場合にはアレグラを服用しても効果があまり出ません。
患者からクレームが出る可能性もありますが、じんましんや湿疹などの痒みを抑えることができるので、皮膚や鼻の粘膜の症状は改善することができます。

アレグラは基本的には花粉症などによる鼻炎によく効く薬なので、卵アレルギーによって喘息などの症状が出た場合には他の薬を投与しなければなりません。
アレルギー剤には気管支を拡張させる効果はないのでステロイド薬や気管支拡張薬などを投与して症状を改善しなければなりません。
アレグラは鼻の粘膜に作用してアレルギー症状を素早く抑えることができますが、鼻づまりを改善する効果はないので症状によっては他の薬と併用することが必要になります。

市販されているアレグラの鼻炎薬はスプレータイプのもので鼻づまりにも効果があるので、花粉症による鼻の諸症状を改善することができます。
卵によるアレルギーは下痢などの症状も出るのですが、この場合には原因物質を体外に排出することを優先しなければならないので、下痢止めなどを服用する必要はありません。
症状が長く続いている場合にはアレルギー剤を服用する必要があるのですが、胃痛や下痢などの症状が出ている場合には排出をしなければならないので、基本的には薬は必要ありません。

アレルギーの原因物質による腹痛がひどい場合にはブスコパンなどを服用すると痛みを止めることができます。
また卵白によるアレルギーは気管支などに出ることが多いので、アレルギー体質の人は薬などに卵白が含まれていないかを確認しなければなりません。