専門医にもらったアレグラを焼き肉後に服用

焼肉

アレルギーの専門医から処方されたアレグラは基本的には飲む時間などが定められていません。
飲み忘れがなければ焼き肉を食べた後に服用しても問題はありません。
飲み合わせについては睡眠導入剤との併用で意識障害などがごくまれに起こるので注意が必要とされています。
アレグラは第二世代の抗ヒスタミン剤なので眠気の副作用はほとんどありません。
また睡眠導入剤も安全性が高められているので、同時に服用しても重篤な症状が出ることはあまりありませんが、高齢者が服用した場合には注意を必要とします。

アレグラはスギ花粉症の治療薬として処方されることが多い薬で、花粉によるくしゃみや鼻水を止めるのに効果的です。
市販されている鼻炎用スプレーにも配合されているので、手軽に手に入れることができます。

内服薬の場合は眠気を感じる可能性があるので、仕事や車の運転をする人は鼻炎用スプレーやアレルギー用の目薬を使用すると痒みや炎症に対処することができます。
内服薬は基本的には医療機関を受診しなければ手に入れることは出来ないのです。
花粉症の時期に合わせて処方してもらいたい場合は、スギ花粉が飛散する前に服用を始めると効果的に花粉症による症状を改善します。
アレグラの副作用に関してはプラセボを使った調査が行われていて、眠気の症状はないとされています。
実際に服用した患者の中には眠気を感じる人が多いので、車の運転や注意力を必要とする作業をする人はアレグラを内服するのではなく、局所的に使用する必要があるとされています。

食物アレルギーによる蕁麻疹や湿疹にも効果がありますが、痒みを軽減する作用なので、呼吸器などの症状に効果はありません。
アレグラは長期間飲み続けることができますが、定期的に肝機能の検査をする必要があります。