生食でのアレルギーと食後のアレグラ服用

生食でのアレルギー反応に関しては鶏肉や鯖などで起きます。
基本的には食材の劣化が原因となっていて、とくに刺し身に関しては鮮度が悪い状態になるとアレルギーが引き起こされやすくなります。
アレルギーの原因物質が増えるのでじんましんなどの症状が出やすくなるのです。

アレグラは第二世代の抗ヒスタミン剤でじんましんや湿疹の痒みを抑える効果が高いとされています。
なので、生食でのアレルギーには非常に効果的と言われています。
刺し身を食べた時に起きるアレルギー反応は食物アレルギーを起こしたことのない人にも発生する可能性があります。
アレルギー体質の人はなるべく新鮮な刺し身などを食べなければなりません。
アレグラは主に花粉症などの治療に用いられていて、花粉症の時期が来る前に飲み始めると症状を軽減することができます。
アレグラには予防的な使用による効果は認められていないので、予防薬として処方されることはありません。

抗ヒスタミン剤の副作用として眠気や集中力の欠如などがありました。
これは脳内に作用することで起きていた症状です。
脳に対する影響の少ないアレグラなどの第二世代の抗ヒスタミン剤の場合には眠気が起こりにくくなっています。
眠気が起きる人もいるのですが、プラセボと比較しても同程度の副作用と言われています。
思い込みなどが原因になっている可能性が指摘されていますので気にする必要はないでしょう。

眠気が強い場合にはアレグラの鼻炎用スプレータイプを使う方法があります。
局所的に鼻炎の症状を抑えることができます。
しかし、鼻づまりに関しては抗炎症作用や血管拡張作用のある薬が配合されていないと軽減されません。
錠剤を服用する場合には水なしでも飲むことができます。
高齢者や小児でも簡単に服用することができます。
簡単にと言っても、寝たきりの姿勢で服用する場合には水を必要としますので注意しましょう。