蕁麻疹の治療はジルテック?作用機序とは

ジルテックは、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎・痒疹・皮膚そう痒症・アレルギー性鼻炎に効果のあるアレルギー用薬です。
特に蕁麻疹にかかる人は非常に多く、一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。
蕁麻疹の治療薬として広く処方されているのがジルテックで、有効成分はセチリジン塩酸塩となっています。
蕁麻疹にはストレスが原因の場合もありますが、食べ物が原因の場合が最も多いです。

初めて蕁麻疹が発生した場合には、どの食べ物が原因か特定するのは難しいですが、2回以上症状が発生した場合は、その食べ物が原因となるアレルギー源である可能性が高いと言えます。
ジルテックの作用機序は、主に抗ヒスタミン薬としてヒスタミンの働きを抑制することで、アレルギー反応を抑えます。
ジルテックの有効成分であるセチリジン塩酸塩は、第一世代抗ヒスタミン薬のヒドロキシジンの主要活性代謝産物で、ヒドロキシジンから余分なものを取り除いて作られた第二世代の抗ヒスタミン薬です。
その特徴は、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用等の余計な作用が減っていることにあります。
このおかげで第一世代に多かった口の渇きや排尿障害といった副作用がほとんど起こらなくなり、脂溶性が高く脳に入りにくい為、眠気の副作用も軽くなっています。
このようなメリットがあることから、アレルギー性疾患に幅広く使用されるようになりました。

ジルテックの入手は通販か病院の処方

蕁麻疹やアレルギー性鼻炎等の症状に効果のあるジルテックですが、効果が強い為に服用後に強い眠気を伴うので、服用の際には注意が必要です。
危険な副作用ではありませんが、自動車の運転や高所作業をする人は、事前に医師に相談してから服用するようにしましょう。
ジルテックは、病院を受診した際に希望すると処方してもらうことが可能です。
小児の場合は錠剤タイプが7歳以上、ドライシロップのものは2歳以上から処方可能となっていますが、効果の強い薬なので必ず医師の指示に従うように心がけましょう。
また、ジルテックと同じ成分で作られた市販薬「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」は薬局やドラッグストアでも購入できます。
配合されている成分量は、病院で成人に処方される量と同じ量になります。

いずれも第一類医薬品に分類されていますので、通常の通販サイトでは購入することができませんが、医薬品を専門的に取り扱う通販サイトであれば処方薬と同じジルテック10mg錠を購入することが可能です。
通販で注文する際には、最大で60日分までとなっています。
ドラッグストアや通販でも、同じ成分の薬を購入することは可能ですが、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎で悩んでいる人は、病院を受診してジルテックを処方してもらうことをおすすめします。